加齢臭ナビ - 予防と対策でお悩み解消!

 

あなたは、自分の体臭が気になっていませんか?夏場や運動後の汗臭さ、頭皮や足先のニオイなど、身体から発せられるニオイは様々ですよね。そんな中、中高年の方が一番気にしているのが加齢臭です。これは、中高年特有の“におい”として近年広く知られている言葉で、悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。

 

ですが、そうは言ってもどうやって対策を行なったらいいのか分からないのが加齢臭。毎日きちんと入浴して石鹸やボディーソープ等で綺麗に洗っていたとしても、数時間後には臭ってしまうものですよね。市販の消臭スプレーを使ったとしても気休め程度で、なかなか対策できずに悩まされている方がほとんどだと思います。

 

そこで、こちらではそんな方の為に加齢臭について詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。一昔前までは「男性は体臭がして当たり前」という考えでしたが、現代の日本では男性女性を問わず清潔感が求められる時代です。なかなか自分のニオイに気付きにくいものですが、まずはセルフチェックをする事から始めてみましょう。

 

そもそも加齢臭の原因は、主にノネナールという成分です。これは、年齢を重ねるにつれて皮膚からにじみ出てくる皮脂が要因となっています。脂肪分の多い食生活や老化による臓器の弱まり、喫煙や飲酒、ストレスやホルモンバランス等が影響して、原因物質が発生してしまうんですね。

 

なので、よく“男性特有のもの”と言われがちですが、実は女性にも加齢臭は存在するものです。男では主に40代から、女性では閉経後ホルモンバランスの変化によって体臭がきつくなるようですね。ただし、女性については喫煙者が少ない事、女性は男性ほど大量に汗をかかない事から、女性には加齢臭があまり感じられないというわけです。

 

ですが、年齢が上がるにつれて男性女性関係なく発生してしまうものなので、きちんと対策していきたいですね。いくつか対策法がある中でも簡単なものは、やはり石鹸等を使って綺麗に洗う事です。今では専用の石鹸が数多く販売されていますが、これは一般的な石鹸とは成分が異なっているので、専用の石鹸を使うだけでも臭いを軽減させる事が出来ますよ。

 

また、近年ではサプリも多く販売されていて、石鹸と併用してサプリを飲んでいる方もいるようです。サプリはどこでも手軽に摂れるメリットがありますね。特に、毎日仕事で忙しい方には、食生活改善もストレス発散も難しいものですが、そんな時にサプリを活用する事で簡単に対策できてしまいますよ。市販のガムやタブレットよりも、有効成分が入ったサプリはお勧めですよ。

 

実は加齢臭は、汗のにおいと違って体内の何らかの影響を受けて発せられる場合がほとんどなんです。なので、石鹸等で身体を清潔にする事も必要ですが、サプリで対策する方法はとても有効的なんです。即効性が無いと言われるサプリですが、確実に有効成分が体内で働いてくれるので、サプリを飲み続ける事で効果が期待できますね。ぜひあなたも色々な対策方法を試してみてはいかがでしょうか。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

チェック方法とは?


体臭は自分でチェックしにくいものですよね。

 

これは、鼻が常にその臭いに晒されているために慣れてしまい、「危険なもの」「異常なもの」という判断を下さなくなるからです。

これを自己順応といいます。

 

なので、本当に加齢臭がするかどうかを調べるためには、実験室でクロマトグラフィを使ってノネナールなどを測る必要があります。

 

ですが、実は自分が普段どんな生活をしているかチェックするだけである程度分かるんですよ。

 

それでは、そのチェック項目を見てみましょう。

 

まず、一つ目のチェックポイントはタバコを吸うかどうかです。

 

タバコは体内の活性酸素を増やし、ノネナールを作り出す原因となるからです。

 

二つ目は食事の内容です。

 

、特にトンカツや唐揚げ、霜降り肉といった食べ物は、皮脂腺から分泌される皮脂を増やすので、肉中心の食生活を続けていると加齢臭が出やすくなります。

 

三つ目は生活スタイルです。

 

規則正しい睡眠や食事が取れていないと、体内の活性酸素が除去しにくくなって体内に疲労と共に蓄積されていきます。

 

その活性酸素がノネナールを作ってしまうんですね。

 

最後は、ストレスを上手に発散できているかどうかもチェック項目です。

 

意外とストレスを溜め込むと、疲労と共に活性酸素が体に蓄積される事が分かっています。

 

よって、ストレスが発散できないと加齢臭がしやすくなるんですね。

 

もしこれらに当てはまる項目があって自分の臭いが気になっているのであれば、加齢臭を疑う必要があるかもしれませんね。

 

原因について


あなたは、体臭の原因をご存知ですか?

 

体臭の原因となっているものの一つに、加齢臭が挙げられます。

加齢臭というのは、単なる汗臭さとは違うもので、年齢が上がると共に発生する酸化された脂肪酸の臭いです。

 

この加齢臭の原因物質の主な脂肪酸は、ノネナールであると言われています。

 

その他には、オクテナール、ヘキセナールといった脂肪酸が加齢臭の原因物質となっています。

 

ちなみに、若い人の場合には主に汗やワキガによるものですが、年齢が上がっていくと皮膚からにじみ出る皮脂が臭いの原因となるわけです。

 

この原因となっているノネナールは、ビールや蕎麦といった食品の香りに含まれている重要な成分です。

 

ビールや蕎麦はいい香りがするものですが、単体ではキュウリのような青臭さと油臭さを合わせたような臭いがします。

 

あまり加齢臭をじっくりと嗅いだ事はないかもしれませんが、こんな臭いがするんですね。

 

さらに、ノネナールによるものとは別に、老化によってにおいがきつくなる事もあります。

 

それは、加齢に伴って臓器の働きが全体的に弱まっていき、消化・分解がスムーズに行かなくなってしまう場合です。

 

そうなると、腸内で異常発酵が起きてニオイ成分が発生してしまいます。

 

その上、閉経を過ぎた女性はホルモンバランスが崩れるために代謝が落ち、老廃物の排出が上手くいかなくなったり便秘になりやすくなったりしますよね。

 

そんな女性の身体の変化も、悪臭物質が体内を循環することになるので、体の臭いがきつくなるんですね。