加齢臭ナビ - 予防と対策でお悩み解消!TOP > 基礎知識 > 病気との関係

病気との関係

 

加齢臭自体は、病気によって引き起こされることはありませんが、病気によって加齢臭が強くなってしまうことはありえる話です。

 

例えば、病気を抱えるストレスによって活性酸素が体内で蓄積されていき、ノネナールを発生させるという事がありえます。

あるいは、病気によって入浴が頻繁に出来ない時などは、汗などによる体臭も強くなりますが、ノネナールによる加齢臭は非常に強くなってしまいますね。

 

その他、体臭は病気によって引き起こされることもあります。

 

例えば、糖尿病を挙げることができます。

 

糖尿病は一種の代謝障害で、糖の吸収が出来なくなる病気です。

 

血中の糖濃度が上がってしまうために、甘酸っぱい様な臭いが体から出ることがあります。

 

さらに、腸の機能障害を抱えていると、消化・排泄がスムーズに行かなくなるために、消化物が腸内に滞留するようになり、その結果消化物は異常発酵を起こして硫化物やアンモニア等の臭気物質を出すようになります。

 

これが直接粘膜から血中に取り込まれると、汗と共に体外に排出され体臭となってしまうんですね。

 

また、肝機能障害も体臭の原因となります。

 

消化や吸収、代謝の際に排出された臭気成分などの有害物質は全て肝臓に運び込まれます。

 

肝臓はそれらの臭気成分を無害化し、要らないものは排出して必要なものは体内に戻すフィルターの役割を果たしています。

 

ですが、この機能が働かなくなると、臭気物質を無害化できずに血中に戻してしまうため、それらが汗と共に体外に出てくることになるというわけです。

 

基礎知識記事一覧

食べ物との関係

加齢臭と食べ物には非常に大きな関係があります。加齢臭が発生するメカニズムは、皮脂腺から分泌される脂肪酸と活性酸素が関係してきます。その脂肪酸も活性酸素も、食べ物によ...

病気との関係

加齢臭自体は、病気によって引き起こされることはありませんが、病気によって加齢臭が強くなってしまうことはありえる話です。例えば、病気を抱えるストレスによって活性酸素が体内で蓄...

女性の悩みについて

女性は美容や香りに敏感な分、加齢臭などの体臭に関してもアンテナが鋭いですよね。加齢臭に関しては男性の問題と捉えられがちですが、そもそも加齢臭の研究対象となったのは高齢女性の...

男性の悩みについて

「男性は体臭がして当たり前…」と考えられていたのは昔の話で、今は男性の体臭に関する意識もかなり高くなってきましたよね。最近特に関心を集めているのが加齢臭で、40代〜50代の...